Entries

スポンサーサイト

AAmeetingとチケット

AA(Alcholic Anonymous)Meeting(アル中脱出のためのコミュニティ)はすべて寄付でまかなわれ、参加者はかつては1ドルだったのが2ドル寄付をせざるを得ない、という広告です。この支部は日本にもあり、宗教に代わる精神的な地域コミュニティとなりつつあります。それだけ、アル中が多いということでしょう。...

5月2日(日)

5月2日(日) 午前10時半より国連前のビルにて世界の各宗教によるインター・フェイスの祈りが行われた。アメリカ先住民、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、仏教。日本からも日本山妙法寺を含む日蓮宗系を主とする仏教僧が、祈りを捧げた。僕は無宗教派層として参加。 そこでの昼食後にタイムズ・スクウェアーに歩く。田舎では、途切れる事のない自動車と対面して歩くから、運転手側からは良く見えるだろうが、こちらから彼...

5月1日(土)

5月1日(土) リバーサイド・チャーチ隣のストックホルムセンターで朝10時から正午まで、大学院のゼミみたいに集中した上に、次から次へとパネラーの変わるワークショップに参加した。 テーマは「アジア太平洋の軍事主義と軍備競争」という、頭が痛い上に身近な問題だ。中国から韓国から、ハワイから、アメリカからの学者や運動家が次々とスライドやグラフを示しながら講演する。かなり専門的な内容で、しかもそれぞれの持ち時...

4月30(金)

4月30(金) 遅くに起床。空は晴れ渡り、外出すると暑い。半袖にTシャツ姿もチラホラする激変ぶり。昼飯をインド人街、ハリーカリーで例の唯一発見した安くて味もあるマトンカレーをたっぷり摂った。午後2時半きっかりにバスでリバーサイド・チャーチに到着した。ハドソン川沿いの公園に面した入口の階段には、NPO関係らしきリラックスしたファッション姿が10数人。中の大ホールの壁側には机がグルリと並べられ受付の準備中。 ...

4月29日(木)

4月29日(木) 起きて海外仕様に転換したAUのケイタイでNPOのワークショップ関係者に電話。僕のケータイは安価なものだったから、ウォークの間は圏外の事が多かった。が、さすがにニューヨーク、機能している。 明日午後2時半にNPOのワークショップ受付が始まるという。このアパートの友人も用事で明日まで戻らない。完全に一人、そして自由な1日が、入国以来初めて得られた。 ケイタイに溜まっていたメールに返信。電話も何...

地下鉄の切符など

原稿に同封の雑誌切り抜きなど。。。上から)マンハッタン島、ハドソン川、地下鉄切符...

4月30日(金)

4月30日(金) アメリカ入国18日目にして初めて移動もなくアポのない日を得た。今日は休む事を第一の仕事とした。住所録の整理、縫い物、単純な料理を午前中。午後はカレー料理店ひしめくインド人街へ歩く。Hurry Curryとの看板が安そうだったし、白いが良かったから入店すると、セルフ方式ながらマトン・カレーはしっかりとした味を出していた。サラダもサービスで10ドル。初めてテーブルに座って食べたから、ここでの慣習であ...

4月29日(木)

4月29日(木) 前夜は入口近いソファーに寝た。ハドソン川に面した広い裏庭では、煌々とハドソン川に反射する満月。その光に包まれ寝袋で転がるウォーカーがいた。この宿泊所FORは、2階に幾つもの仕事部屋があり、一見平和会社のようだ。キリスト教起源だとは言っても宗教を超越した平和を実現しようとしている実務派の白人だが、傲慢さは見られない。彼らは僕のワークショップ参加を手配してくれた。ウォークは今日レストデイ。...

4月28日(水)

4月28日(水) 朝食の後、リンさんが、パレスチナ・イスラエル問題を解決するために今採っている方法を述べた。ウォーカーの内の3分の1ほどが集まり、食堂のテーブルを囲んで聞いた。ウォークをしながら各地で活動している人達の具体的な話を聞くのは過剰なのか、先日のインディアンポイント原発問題について聞く時も、ウォーカーの3分の1が集まっただけで、多分残りの人達は歩く、という祈りの行為だけに集中して、市民活動...

4月27日(火)

4月27日(火) 朝 出発したウォーカーは、200メートル離れたウェストポイント士官学校の正門前で祈願した。正門は、大統領一行も含む色々な団体が訪れるから慣れているらしく、昨日通りすがった裏門のような緊張感はない。雨が少し降り出した。 純さんの話によると、ウェストポイント士官学校を卒業したイスラム教徒の士官が、キューバのアメリカ軍基地グアンタナモに派遣されたが、そこでのイスラム過激派の囚人に対する拷問を...

4月26日(月)

4月26日(月) 昼飯用のおにぎりを握るスタッフ3人は早朝4時半に起きる。昨日は雨の中を歩き続けて来たのに、今朝も暗いうちから日本人、フランス人、アメリカ人の若者が、キッチンの小さなスタンドの灯りだけで、黙々とおにぎりを握っている。 一人二人と起きてそれを手伝ったり朝のコーヒーを自分で入れて飲んだり、通常2~3カ所あるバスルーム(アメリカではトイレをこう呼ぶ)を混む前に使ったりする。寝具片付けからパ...

4月25日(日)

4月25日(日)  朝からしょぼふる雨。申し訳ないが今日の宿泊所のNewburgに荷物用のサポートカーで先行。 宿泊所の英国国教会、セントジョージ教会で日曜のメサに参加した。声のよく通る女性の司祭がエネルギッシュにメサを進行させる。40人ほどの参加者は老人が多い。黒人も数人、若者も。ちょうど聖ジョージの祭に当たっているらしく、子供たちの寸劇が行われた。ドラゴンの要求に人身御供に捧げられようとした女性を助け、ド...

4月24日(土)

4月24(土) 起床してホールに入ると出発前の行事は全て終わっていた。今日は16マイル、かなりの速度というので最初からギブアップ。地元の年配女性の車で昼食の場所に直行。途中、キングストンの街の各所を回り説明してくれた。独立戦争の時には、ニューヨーク州の首都であったため、イギリス軍に焼かれたという。でも、街の一角は焼け残り、当時のままの古い家並みが美しい。 大きな高校は2.700人収容。街の人々がそれ位だから...

4月22日(木)

4月22日(木)  晴れの休日である。コインランドリーで洗濯をすると言う人に汚れ物を託す。通常は夜洗面所が空いている時に洗い、暖房のきいている室内に干しておく。良くしぼったのを更にタオルをからめてしぼると、朝方には薄手の物は乾いている。ズボンなどの厚地物の洗濯は休息日となる。ついでに、とのことで今回は楽をさせて貰った。 記事の手直し、それから道中頂いた核関係の雑誌を読む。原発の廃棄物処理と寿命の尽き...

4月21日(水)

4月21日(水) 今もスカッと晴れて風さわやか。昨夜泊まったコミュニティ・ハウスから歩き始めると、7人ほどの知的障害のある成人が街はずれまで同行した。彼らは近くの農園を自主的に運営しているグループだと昨夜紹介された。一応経済などを監督する人物もいるのだが、農作業も家畜の世話も、ほとんど彼らだけで手配して生産しているという。 アメリカの白人は、過去のヨーロッパに戻れないからか、未来への実験は活発だ。Alb...

4月20日(火)

4月20日(火)  今朝純さんが「サワさんは今日レストデイにしなさい」。今日のコースには、上り下りが多いとのこと。そこで、ウォーキングシューズを買いに行くという近くの街出身の40才男性の車に乗り、Albanyのモールへと行く。堂々としたモールには、朝開店直後のせいか、人は少なかった。広い通路には貴金属の屋台、そしてファッション衣料やクツ店などが並ぶ。トイレのサインに従って2階に上っても見つからない。ようや...

4月19日(月)

4月19日(月) 緯度の高い当地の外は、朝早くからあかるくなり、夜遅く暗くなる。代わりに冬は暗い。地球の光量は公平である。生徒と教師が次々と入室してきた。教師ひとりが5人ほどを担当しているというから、各々の教師の周りは常に子供に囲まれている。白人、黒人、ビルマ人(避難民)やメキシコ人、日本人まで、華やかな子供たちの国際社会。この原体験が平和につながることは確かだろう。 昨夜眠りに落ちる前、おかしなこ...

Appendix

プロフィール

marihoshi

Author:marihoshi
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。